« 2009年11月 | トップページ | 2010年8月 »

山②

八甲田雪中行軍遭難事件

1902年、日露戦争の2年前に起こった事件。

対ロシア戦のための、冬季軍訓練を青森にある八甲田山で行った。

同じルートを、青森隊(210名。いきなり八甲田山を登るルート)と弘前隊(37名。最後に八甲田山に登るルート)に別れ、雪中行軍を行った。

しかもその日は最低気温最悪の日。

結果、弘前隊37名は全員無事

青森隊は遭難し、

210名中199名が死亡

ものすごい数字である。

新田次郎さんの小説『八甲田山死の彷徨』は、この事件をもとに書かれ、それを読むと、もう悲惨なものでぞっとする。最後には発狂して亡くなる人や、バタバタ倒れて行く人達。想像しただけで凍えそうで、どんな思いで歩いていたのかと思うと胸が痛むし、寒いのが大嫌いな私にとっては恐怖である。

112214

読んでいくと、昔の装備なんてたかが知れてるし、案内人はつけないわ、休むべきときに歩きだしたり、冬山を軽く考えすぎているし、指揮する人が多すぎて収拾つかないように思えた。

指揮官であった神成文吉大尉と私は同じ出身地ということも初めて知った。とても気の毒だ。

11名の生存者も、3名以外は凍傷にかかり、手、足を切断せざるおえない状況だったという。

そして、その無事だった3名の中に私の遠いご先祖様がいる。(後に日露戦争で重症している)

どんな行動をとったのかわからないけれど、ただ運がよかっただけかもしれないけれど、死んでいてもおかしくない状況で、生きて帰ってこれたから私がいる。(のかもしれない)

おじいちゃん、ありがとう。

確かうちの家族が昔、なんか言ってたな~と思って、まったく興味がなかったのに、初めて詳しく真相を知ろうと思って調べてみた。

2月にはいって誕生日を迎えたが、あらためて、

生きていることに感謝!

| | コメント (1)

山①

最近、「山」関係にピヨ彦とはまってる。

山関係の雑誌を読んだり、漫画を読んでみたり。

187571_2

↑「ビッグコミックオリジナル」の『岳』は、山岳救助ボランティアの話だけど、毎巻、感動して泣いてしまう。全巻そろえたいほど。

あとは、アウトドアメーカーの靴とか洋服とか、すごくかっこよく思える。機能もいい。(なかなか手が届かないけど)

以前は一人で低い山に登ったり、二人で富士山に登ったりもしていたが、子供が生まれてからはさっぱりだった。

だけどこの間、2歳10ヶ月の彦一と3人で神奈川の大山(標高1,252m)に登ってみた。

ケーブルカーに乗って、なんとか彦一を励まし、だましだまし歩かせて、最初は「(僕が)一番!」といって先頭歩いたり、歌を歌ったり、途中何度も人数を確認するという隊長ぶりをみせていたが、3?4?分の1あたりで急に電池が切れた。

そしてそこからピヨ彦は、彦一を抱っこで頂上まで登り、下山では彦一、寝てしまい、とうとう最後まで抱っことおんぶ。担いで上り下りするピヨ彦もすごい。

途中、ケーブルカーの最終便に間に合わなくなるかもしれないというドキドキ感を味わう。

もっと低い山からはじめないと。。。

そしていつかまた富士山に登りたいなぁ。と思うのだった。

| | コメント (1)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年8月 »