« 2008年10月 | トップページ | 2009年3月 »

動物園&美術館へ

天気がいい土曜日。旦那は仕事。家にいるのはもったいない!と、彦一と思いきって電車で遠出することにした。

いつだったか彦一に電車の中でうるさくされて、ゲッソリした私だったがリベンジだ!

と言っても、電車で30分の「日の出町」。

ここには入場無料shine野毛山動物園があるのだ。(なんて、中央図書館(漫画目あて)へ行こうと思ったら、近くに動物園があることを発見したのだった)

彦一はずっとおとなしくしていたが、動物園にたどり着くには、すごい坂を登らないといけず、私はぐったり。。。

すでに体力がなくなり、帰りに家に着く途中で倒れるかも。と思う。

なんとか動物園に着いたが、彦一の反応がいまいち。

1番反応良かったのは、動物を触るコーナー。ニワトリにヒヨコにモルモット。私のダメな動物ばかりじゃないか。

ちょ、ちょ、ちょっと待て~~!!ダメ!来ないで~

と、心の中で叫んでいたけど、彦一はすごい、くいつきよう。

彦一には触らせるが私はいつでも逃げる体勢。

これはやっぱり二人じゃまだ大変だわ~と思ったのだった。

そして次の日は、旦那と3人で上野の東京国立博物館で「大琳派展」を見てきた。

Photo

「尾形光琳」は、名前を聞いたことがある程度だったけど、見てみると知っている作品があったり、綺麗で惹かれる作品がたくさんあり、古くてもいいものは何百年たっても素晴らしかった。

美術館で騒ぐかな~と心配していた彦一はすぐ寝たし、意外と子連れの人もいたし、思っていたよりもスムーズに見れた。

ただやっぱり上野に行くまでの距離がな~

二人して疲れて帰り、出た結論が『電車での移動はまだ早い』だった。

| | コメント (4)

ミス・サイゴン

帝国劇場でミュージカル「ミス・サイゴン」を友達3人で見た。

Photo

誘ってくれた友達は見るのが3回目で、すごくよかったのでまた見たくなったらしい。でも詳しい内容を聞くとなぜか説明してくれず。。。

もともと映画ミュージカルは見ていると、ワクワクしてきて踊りだしたくなるけど、実際の舞台は見たことがないので、はまるかどうか想像がつかない。

「ミス・サイゴン」は、陥落直前のサイゴンでの戦争による悲劇の物語。なんだか難しそう。見る前に理解できるか少々心配になる。私、アホなので。

それが幕があがると、惹きこまれる、惹きこまれる。

セリフをすべて歌にのせてる!これがミュージカルなのね!

内容も、ふ、深いっ。

そして重い。

涙もポロリ。

あの戦争の裏にはたくさんの悲劇があったということを、そしてまだいろんな意味でひきずっている人がたくさんいるということを、忘れかけていたことを再確認させられた。

初ミュージカル、心に響いた。

それにしても誘ってくれた友達。

ちらっと見てみると

ね、寝てる!!∑(ωノ)ノ

カラオケで歌えるぐらい好きなんだけど、暗くなると眠くなる体質で、映画館でも暗くなるとすぐ寝ていたので、大丈夫かなと思ったら案の定、寝ていたのだった。

それじゃあ、内容説明できないわ(笑)(*´∀`)

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2009年3月 »