« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

久々にはまった

ここ数年、推理小説ではまる作家さんがでてこなかったのだが、やっと見つけた!雫井脩介氏の作品。嬉しいなぁ。育児のかたわら、あっという間に読めてしまった。

 Photo_9

■犯人に告ぐ

連続幼児殺害事件の犯人を捕まえるために、
劇場型捜査(テレビに出て犯人に呼びかける)をして犯人を捕まえようとするが・・・。

複雑な人間関係、登場人物の心理描写、立場がわかりやすくて惹きこまれる。心理戦もおもしろい。読みごたえあり!

豊川悦司(主人公にぴったりです)で映画化されるそうで、
どこまで小説の世界を再現できるか楽しみ。

Photo_10

■クローズド・ノート

うってかわって恋愛もの。こういう小説も書くんだなぁ。
なんだか同じ人が書いたとは思えない作風。
こちらもさくさく読めて、最後も簡単によめてしまうけど、温かくて切ない話。
読み終わった後も、ラストは何回も読んでしまった。
こちらも映画化されるそうで。

Photo_11

■虚貌

前半の犯罪シーンは嫌~な気分で、重い話かと思いきや、後半、そうくる?!って思わせ、最後は後味よく?終わった感じだった。
私としては、この「彼」が今後どういう道を歩いていくのか気になるところ。

Photo_12

■火の粉

隣に住んでいる人がもしかして・・・というせまりくる恐怖にドキドキ。

読むうちに、どんどん不安になっていって、
登場人物に変わるがわる感情移入していくうちに、
何が本当か真実はどうなのかわからなくなっていく。
気付けばどうしようもない状態に追いつめられていく。

ここまで典型的な人はいなくとも、案外、こういう人っていそうで怖い。

続きが気になって気になってあっという間に読み終えた一冊だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »