« その理由では注意されたくない | トップページ | あるある »

懐かしの絵本達

実家で、絵本と童話と伝記が100冊ほどと、童謡とクラッシックのシリーズのカセットがでてきた。

すごい・・・こんなに買ってたんだ。よく捨てずにもっていたもんだ。今は貧乏だけど、昔はお金があったんだね・・・(´・ω・`;)

懐かしいのもあれば、手垢のまったくついてない本もある。特に偉い人シリーズとシートン動物記シリーズはかなり不評。(今、読んでもおもしろくないっ)

しかし、結局、使えそうなのはほんの数冊。なぜかというと、お気に入りの本は、私が何度も読んで破って、いたずら書きして、汚い状態に。。。せっかく彦一に読んであげようと思ったのに。

あ~、もったいない。これだから子供(私)は。まぁ、絵本にとっては本望だ。

というわけで、本当は個人的に集めたいんだけど、絵本は買わないことに。

特に気にいってたものは、絵本の定番?、松谷みよ子氏と、せなけいこ氏の本。

NoseteOsaji  Anan

「おんなじおんなじ」「はけたよはけたよ」「てぶくろ」も懐かし~

On Haketa Tebu

それと、何度も読んだのに、すっかり忘れていた「あそびにきてください」っていう絵本があって、なんだかジーンときた。(どうやら今は売ってないらしい)

ちなみに最近は、この絵が私のお気に入り。デザインが気にいってるので、本当は手元においておきたいなぁ。

Usiro Supu

出てきた本を見ているうちに、いろいろなことを思い出した。彦一が産まれてからの家族の様子を見ると、一目瞭然。私もこんな風にかわいがられたんだなぁと、しみじみ思う。

手をかけすぎた結果、ろくな大人になってないけど、(みごと親の情操教育を無駄に・・・)

彦一が将来、大人になったとき、絵本を見て、少しでもあたたかい気持ちになるといいな。

|

« その理由では注意されたくない | トップページ | あるある »

「育児」カテゴリの記事

コメント

スゴイねっ!!100冊もあるなんて・・・。
やっぱり本好きは小さい頃から養われるものなんだねぇ。
うちには絵本なんて数えるくらいしか、いやほんの数冊しかなかった・・・。

だから子供達には本に触れて想像力豊かな子になって欲しい!と思って
なるべく絵本とか買ってあげよう!と思っているんだけどなかなかねぇ。

でも今日は練馬区でやっているブックスタート(生まれた子供に絵本を2冊プレゼントしてくれる)の為に図書館に行ってきたんだっ。

ナギは「いないばぁ」と「もうおきるかな?」をもらって
リュウは「ぴょーん」と「くだもの」をもらってきたよ。

「ぴょーん」はナギ&リュウに読んであげると2人でニコニコ笑ってた。
「ぴょーん」は彦一にもオススメだから図書館で借りてみてみてっ!

投稿: ゆみお | 2007年6月15日 (金) 01時09分

懐かしいね!
せなけいこは私も持ってた!
今その本、当時の2倍の価格だよね!!
たまちゃんは私のお古を読んでます。

たまちゃんの幼稚園では絵本がいっぱいあって毎週文庫の貸し出ししてるんだけどいつも同じ本しか借りてこないのがいやーん…しかも車ばっかり。

絵本は大人になってから読んでも面白いよね!
福音館書店から出てる牡丹靖佳作の「たまのりひめ」はまさん好きかも。2~4歳向けなんだけどすごいシュールw
最後ちょっと引きました私。
ぜひ~^^

投稿: ぺこぽん | 2007年6月15日 (金) 13時12分

>ゆみおへ

ゆみおん家はお母さんが忙しそうだったイメージがあるよ。
でもこんなにたくましく育って・・・

絵本って高いよね。
しかも最後はボロボロになっちゃうもんね。
でも手元にあると、いい思い出になるよ。

ブックスタートっていいなぁ。こっちにもあればいいのに。
「ぴょーん」は今度図書館で借りてみるね。

最近は絵本よりもベビージムに目覚めて、ぜんぜん話聞いてないよ。
やっぱり男の子は外で遊ぶ方が好きとかあるのかな?!


>ぺこぽんさんへ

そうそう、2倍価格。
でも、当時の値段だからやはり高かったもよう。
ぺこぽんさんもお古持ってたんだね。
なんだかたくさん持っていそう。

たまちゃん、電車よりも車派?
文のない絵本で「じどうしゃ」っていうのがあったけど、それまた古くていい感じだよ。

「たまのりひめ」、絵がすでにシュールをかもし出してるね。
パンを踏んだ娘みたいな?!
気になるところです。

投稿: はまじ | 2007年6月15日 (金) 14時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46333/6687239

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしの絵本達:

« その理由では注意されたくない | トップページ | あるある »