« 2006年10月 | トップページ | 2007年3月 »

ダメといわれるとね

数週間前に近くの歯医者に行ったら、ここは産婦人科?ってぐらい妊婦の栄養について熱く語られた。

マグロやクジラの肉には水銀が入っているので、母親が食べてそれが体内にたまっていると、胎児に影響して、自閉症を引き起こす原因となる。。。ようなことを言われたが、まぁ、つわりの時から魚を受け付けない体になっていて、肉ばかり食べていたので気にしなかった。

後日、再び行くと「飲料水や牛乳もダメだからね」と言われたので「えっ、牛乳もですか?」と聞き返すと先生は説明をはじめた。
牛乳(乳製品も)は本来、牛の子供が飲むものだから人間が飲むのはおかしい。牛乳でカルシウムを取ろうと牛乳を信仰している人は多いけど、間違っている!!とのこと。飲みすぎると母親の乳の出が悪くなるらしいし。
牛乳を飲んで背が高くなったというピヨ彦にならって、たくさん飲ませようと思っていたのに。というか、歯医者に行ったのに産婦人科以上の説明。圧倒されました。

ちなみに帰りに目の前のおいしいパン屋さんによって行こうと思っていたら「パンもお菓子だからね。食べちゃダメ」と言われた。う、う・・・読まれた。。。

その後、母親学級で栄養を学んだけど、どれも偏りなくバランスよく食べることが大事って。これならわかる。わかっているけど意外と難しい。
なんか、あれもダメ、これもダメって規制されると、逆にそれを食べたくなるんだよなぁ。ひねくれモンだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

連れまわされてます

つわりが少し良くなったのを機に、ピヨ彦にあちこちに連れまわされている。

11月の初めの週は、上野のダリ展に行ってきた。たま~に美術館に行くのだが、やはり教科書に載っているような方の絵画は超混雑。ダリもまたしかり。朝早く行ったからまだ良かったけど。でもたとえ混んでてもつわりがあってもこれは見たかったのよ。

ダリの絵は家に飾っておきたいとは思わないけど、見ているとひき込まれていってしまう。発想がおもしろい。しかも、見た時に驚きもあるが、よ~く見ないと見えてこないものがあるので、みんな1枚1枚見る時間が長い。
それに、ダリって昔の人だと思っていたら、私が小学生ぐらいに亡くなっていたので同じ時を生きていたんだなぁ。知らなかった。

Ueno

次の週は北鎌倉に連行。といっても、家から近い。寺を廻りながら鎌倉まで歩いた。残念ながら紅葉はまだ。
行く先々で真剣に「元気な子でありますように、安産でありますように」と祈る。
ちなみに2人で御朱印集めをはじめた。でも1回300円でしょ。20ページぐらいあったから6000円+御朱印帳が1000円でいずれ7000円使うことになる。う~ん、意外にかかるね。
映画のパンフとか美術館のパンフも集めているので、けっこうどっか行くとお金使ってるな~。
まぁ、思い出だからいいかっ。

Tera Tera1

そして11月11日はチーズの日。表参道でイベントやっていたので行ってみた。私はチーズあまり好きじゃないんだけどね。世界のチーズが集合して、店で買うよりも安いし、4つぐらい試食できた。意外に混雑していて、ワインを片手にチーズを語る人も・・・。

Tizu

なんだかんだいって外に出るとお金使ってしまうのよね~。

でも子供が産まれたら気軽に行けなくなるから今のうちに出かけようと思うのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母に一言

妊娠してからよく、母にしてもらったことを思い出す。愛情持って育ててくれたと思う。童謡やクラッシックのテープがたくさんあったり、絵本もよく読んでくれた。ドジでおっちょこちょいだけど、そんな母がすごく好きだ。

だけど・・・

お母さん、幼稚園の頃「誰にも言わないでね」と言って、好きな子を教えた矢先、家族全員に「ハマジは××君が好きなんだって」と言わないでください。子供ながらに傷つきました。

お母さん、弁当の中に沢庵を入れないでください。中学のとき教室中匂って異臭騒ぎになりかけました。私は恥ずかしさいっぱいで沢庵を持って逃走しました。

お母さん、産毛からヒゲになりかけの時期にちゃんと指摘してください。給食の時間、友達に「口の周りのヒゲに牛乳ついてるよ」と言われました。

お母さん、もう少し料理うまくなってください。実家にいるとき1番うまいのはカップラーメンでした。ちなみに「栄養失調」というあだ名の時期がありました。

お母さん、もう少し洋服を選んでほしかった。当時、私の中で1番おしゃれな服は薄紫色のジャージでした。。。

そりゃ自分のせいなんだけどさ、もうちょっと親が気を配ってくれたら恥かかずにすんだのに・・・といろいろ思い出したのだった。

お母さん、これらを教訓にします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2007年3月 »